参加国のメリット

近年HSBCが強調しているように、自然資源の長期的な安全保障は国家経済に戦略的に非常に重要になっています。 国別フットプリント/ バイオキャパシティ勘定は、意思決定者がプレッシャーポイント、経済的課題、および危険な傾向を特定するのに役立ちます貿易相手国や競合国から独立して運営されている国は事実上ないため、国および世界ごとに情報に基づいた予測分析を作成することも可能です。

 

「地球1個分の暮らし」同盟の席は、国別フットプリント/バイオキャパシティ勘定の最前線のアクセスを保証し、国内の特定な課題に対して最適化されたデータ開発を進めることができます。さらに、他の加盟メンバーと緊密に連携することで、対応策・経験値・知識を共有し、より相乗効果を生み出すことができます。私たちが直面する課題によりよく対応するためには、他国から学び、そして、自国の意思決定者・資源管理者・経済政策立案者にその学びを届けることにあります。

 

主なメリットの要約:

  1. 国の資源利用状況に関する科学的に裏付けされた一貫性がある世界的なデータベースへ、特権的かつタイムリーなアクセス権を得ることができる。国の経済において最も重要な制限要素は、エコシステムの再生能力である。このデータベースは、自国や貿易相手国、全世界にとって何が潜在的な対立で経済的課題か、そして何が危険な傾向なのかを識別するのに役立つ。
  2. 5つの参考国を含む、自国に関する重要事案の結果がカスタマイズされた年次報告書を受け取る。報告書には、土地別のエコフットとバイオキャパシティを時系列結果だけでなく、貿易の流れや、自国の生産時に発生するエコフット分析も含む。さらにエコフットとバイオキャパシティの両方について現状予想値も含まれる。
  3. データベースの正確性と関連性を高める改善作業に参加することができる。科学と政策の最前線で働いる世界的な人々の知見を引き出すことができる。
  4. 資源利用の安全保障に関する現在の考え方と最善策について世界的な仲間と協力して学び、それらの知見を自国の資源管理者、エコノミープランナー、意思決定者に伝えることができる。
  5. 持続可能な社会発展に関する真のリーダーとしてのあなたの国の評判を高める。「地球1個分の暮らし」の考えを受け入れることによって、あなたの信頼性と影響力を高めることができる。
  6. GDPが経済の付加価値を追跡するのと同様に、説明的で包括的なアカウントによって自然資源の使用状況と供給力に関する重要な情報を整備することができる。

あなたに役立つアプリケーションを開発。政策立案に役立つ革新的なアプリケーションを、国際的な研究ネットワークへのアクセスを通じて構築できる。

 

 

なぜ世界はこの「地球1個分の暮らし」同盟を必要としているのか:

a)気候変動の議論における多国間主義は、米国のパリ協定撤回や、COP25の開催をブラジルが撤退と、パリ協定の目標と各国の削減目標との矛盾を踏まえると、十分だとはいえない。

b)ワンプラネット・アライアンスは、博愛心や道徳的な根拠に頼るものではなく、経済的な利益と調和したものであり、気候変動対策につながる「物語」を提供する。

c)二酸化炭素排出量を炭素固定容量と結びつけるバイオキャパシティの考えは、純排出量に重点に置いたパリ協定の趣旨に近い考えである。

d)二酸化炭素を測る「トン」や、 2℃の目標値、大気中の温室効果ガス濃度(ppm)と異なり、エコフット分析による定量化は、人間の需要を地球の数で表したり、グローバル・ヘクタールの単位やアース・オーバーシュート・デイ(EOD:地球の1年の供給量を人類の需要量が超過した日)などのように、より理解しやすい形にデザインできる。尚、EODは、年間約30億のメディア・インプレッションを獲得するキャンペーンである。

e)エコロジカルフットプリント(エコフット)は世界規模の算定から、国・都市・個人へと分析範囲を拡張できだけでなく、また生産と消費の両方の視点から分析可能だ。

g)バイオキャパシティの利用可能性を理解することは、脱炭素社会と深く関係がある。いくつかの脱炭素化戦略から「よりよく生態系の負担をシフトさせるものはどれか」、そして「本当に負担を軽減するのはどれか」、検証する際に役立つ。

h)国連主導の生物多様性・SDG・砂漠化防止活動などとの結び付きが深い。

i)ワン・プラネット・アライアンスは、世界的な信用と実用性を伴った国別フットプリント/バイオキャパシティ勘定とを提供する、明確な目的を持った同盟であり、単なる「団体の1つ」の集まりではない。

j)ワン・プラネット・アライアンスは、限りある資源を中心にとらえ、水・生物多様性・気候・土壌・森林伐採地球など地球の再生能力に対する一連の課題を、「傘」のように包括的に結び付けて対応できる。

何が問題になっていますか?

ワンプラネット・アライアンスとは何ですか?